安い法人設立サービス

法人設立はすべて自分でする事もできるのですが、業者を利用した方が手間も省けて便利です。規模の大きな会社や特殊な業界の会社を設立しようと思ったときには、そのためのサービスの料金が高くなる場合もあります。それでも手間が省けることを考えればそれでも良いと考える人はいるようです。
会社の中でもあまり特殊ではない会社の場合には、安い料金で法人設立のできるサービスもあります。法人設立をするときには定款の作成が最も大変な作業なのですが、特殊な会社でなければテンプレートを使って簡単に定款を作成することができます。ですから、料金はかなり安いという特徴があるのです。
会社設立のサービスを利用することによって節約できる費用もあります。時間を短くできるだけではなくて費用を安くすることができるのです。安くなった費用よりも料金が超えてしまうと費用的にはデメリットがあるのですが、たいていはトータルで安くなりますから、利用したほうが良い場合が多いのです。

また法人設立の登記費用は、会社形態のより異なります。もしスタートアップフェーズで法人設立で一銭でも安い登記費用をお望みでしたら、あえて株式会社とせずに合同会社の法人設立がお勧めとなります。
合同会社の場合、株式会社設立に必要な定款認証料5万円が不要となります。また法務局で設立登記にかかる登録免許税が、通常株式会社の場合15万円なのに対し、合同会社は6万円で済むことになります。したがって、公証人役場でかかる費用や銀行の残高証明、法務局でかかる費用、登記簿謄本の取得費、印鑑証明、そのた印鑑作成費を含めてほぼ16万円弱で設立できるのが大きな魅力となります。さらに電子定款にすれば定款印紙代が必要なくなりますので、12万円ほどで設立することができるのです。これはほぼ株式会社の設立費用の半分弱程度ということになり、かなり安くあげることができるのです。この合同会社は先行きで株式会社に変更も可能となっていますので、とりあえず会社設立を目指すのであればこの会社形態でのスタートがお勧めとなるのです。